株式会社Fine Blue > 株式会社FineBlueのスタッフブログ記事一覧 > お住み替えに成功したM様のおはなし

お住み替えに成功したM様のおはなし

カテゴリ:売却事例



 住み替えを成功させる秘訣 


今回は、住み替えに成功されたM様のおはなしをさせて頂きます。

M様は、奥様とワンちゃん2匹とお住いで、ワンちゃん中心の生活を送られていました。現在のご自宅は、5年ほど前に新築で購入された戸建住宅にお住いでした。まだ新しく特に問題がない様に思われました。お話をお伺いすると、2階建のご自宅なのですが、2階は、ほとんど使用していないという事でした。

なぜ、2階は、あまり使用されていないのですか?とお聞きすると、実は、ワンちゃん中心の生活の為、2階で就寝すると夜中にワンちゃんに何かあった時に1階に降りていかなくては、ならないので、1階でワンちゃんのそばで寝る様にしているそうです。

その為、2階は、未使用の状態だったそうです。1階で生活しているので2階を利用しないのは、もったいないと思い、どうにか有効に活用する方法を色々検討されたそうです。その結果、たどり着いた答えが、現在のご自宅の価値が下がらないうちに売却して、新たにワンちゃんを中心に生活できる1階建て(平屋)に住み替えたいということでした。

また、どうせ引越するのなら、ZEH(ゼッチ)の家がいいとなったそうですZEH(ゼッチ)とは、(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

この条件で施工してくれる工務店を探すところから始められたそうです。色々なところにお問い合わせをして、条件を満たしてくれる工務店が見つかったそうです。そうすると、次は、自宅の売却と住み替え先の土地探しという事になったそうです。そこで、その工務店さんが知人を頼られて弊社にお声掛け頂きました。

住み替えについて少しご説明させて頂きますと、住み替えは、売るのと買うのタイミングを合わせるのが難しいです。では、どちらが先がいいのかと言いますと、どちらにも一長一短があります。金銭的な事を優先するなら、先に売却のお話を纏めてから買う方を考えるのがいいと思います。

現在お住いのご自宅の売却の目途が付けば、次に購入する物件の予算も決まってきますので、無理のない資金計画が立て易いですが、いつ売れるかが分からない為、そのタイミングで希望の買い替え先が見つかるかも分からないという事がありますので、見つからなければ、一旦、賃貸物件に引越する事も考えなければなりません。

物件や希望条件を優先するなら、買う方を優先する方がいいと思います。売却を進めながら、気に入った物件を見つけるのがいいと思います。でも、気に入った物件が見つかった時にタイミングよくご自宅が売れるとは限りません。その場合は、買取保証を付けてもらい一定期間販売を継続して、それでも売れなければ買取保証額で買取ってもらいます。残債がある場合で、売却金額または、買取金額で全額返済できない場合は、買換えローンといって残債の差額を次の購入物件に上乗せしてローンを組みます。

売却を優先するよりは、費用面で負担が増える可能性がありますが、気に入った物件にスムーズに住めるメリットがあります。売る方を優先しても、賃貸に一旦住む事を考えると、引越代、礼金、敷金、家賃等の費用が掛かりますので、メリット・デメリットをよく検討して、どうするかを考える方がいいと思います。

今回は、売る方を優先して、まず、ご自宅の売却から取り掛かりさせて頂きました。どの売主様も出来るだけ高い金額で売却したい考えると思います。今回も相場よりも少し高い金額で販売を開始させて頂きました。3ヶ月ほど様子を見ましたが、内覧はあったものの契約には、至りませんでした。

その間に購入先の土地探しも並行して進めて行きました。M様と一緒に土地を見て回りました。何度も見に行った結果、購入先については、希望に近いものが見つかりましたので、あとはご自宅が売れるのを待つばかりという状態になりました。

そこで売却金額を下げて頂き、売却を継続させて頂きました。お問い合わせは、かなり増えて、内覧も多くありましたが、なかなか決まりませんでした。そうこうしていると、住み替え先の土地の物件が売れてしまいそうになってしまいました。

候補地の土地は、他社から仲介で売りに出されていましたが、広告されない状態になった為、仲介されている会社に問い合わせたところ、一旦、売るのを止められたという事でした。そこで、売主様に直接交渉に行かせて頂きました。お話をお伺いすると、相続で受けた物件だったそうなんですが、早く処分したいので、買取業者に引き取ってもらう話を進め様と思うという事でした。

こちらの事情をお話させて頂くとご理解頂き、少しだけお時間を頂戴できる事になりました。こちらを購入するのを条件にM様を説得して、買取保証を付けて期限付きで売却し、決まらなければ、買取って頂く事になりました。結果的にお問い合わせは、あったものの契約には至りませんでしたので、買取して頂く事になりました。

もし、今回の土地が購入出来なかった場合も考えて他の物件も同時進行で探してみましたが、予算と広さに見合う物件がなかなかありませんでした。その事も、買取してまでも進めるキッカケとなりました。ワンちゃんとストレスなくお住まい頂けるおうちが出来るのが今から楽しみです。

住替え先は、今から建築していきますので、またご報告させていただきます。個人的な意見ですが、住み替えの場合は、今回もそうですが、気に入った物件を見つけて、売却または、買取という様に進めていく方がいいと思います。その方がスムーズにいく場合が多いからです。住み替えをお考えの方、是非ともお気軽にお問い合わせ下さい。



≪ 前へ|不動産売却における損益通算とは?税負担を軽減する方法も   記事一覧   不動産売却はタイミングが大事!価格を左右するポイントなどを紹介|次へ ≫

タグ一覧

吉田 昌樹 最新記事



吉田 昌樹

誠実で丁寧な対応を心がけております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る