株式会社Fine Blue > 株式会社FineBlueのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却はタイミングが大事!価格を左右するポイントなどを紹介

不動産売却はタイミングが大事!価格を左右するポイントなどを紹介

カテゴリ:不動産売却

大切な不動産は、できるだけ有利に売却したいですよね。

 

そこで知っておきたいのが、売り出しに適したタイミングです。

 

今回の記事では、築年数やシーズンが価格におよぼす影響など、知っておきたいポイントをご紹介します。

 

不動産売却はタイミングが大事!価格を左右するポイントなどを紹介


築年数や時期が影響!?不動産売却に絶好のタイミングとポイント


 

<築20年になる前に!築浅のほうが有利な理由>

 

一般的に、築10年から20年が売却に適したタイミングとされています。

 

とくに戸建ての場合は、築20年を過ぎた物件は、買主が「不動産所得税の軽減」や「免許登録税の軽減」、「住宅ローンの特別控除」を利用することができません。

 

また、戸建ての価値は築20年でほとんどゼロになるとも言われています。

 

このように築20年を過ぎた物件は、買主側から見ると物件の価値が減っているだけでなく、多額の控除も使えず、購入の候補からはずされてしまう可能性があります。

 

戸建ては15年以内で売却するのが望ましく、マンションも築20年までに徐々に値下がりしますが、やはり「15年以内」が適したタイミングと考えるとよさそうです。

 

15年以上経過した物件では、しっかり「修繕」することにより、売却価格が下がるのを低くおさえられるのがポイントです。

 

<需要の高いシーズンを逃さない>

 

あわせて覚えておきたいのが、不動産は1年のサイクルでも、売却価格が上下するタイミングがあるという事です。

 

一年の内ですと、年度末あたりが家を買う人が多いため、売却しやすくなります。

 

引っ越しの多い2月から3月、転勤や転職のタイミングとなる4月や9月に照準をあわせると、成約率も高くなる可能性がありますし、比較的高く売れる傾向にあります。

 

売却には時間もかかるので、目安として、3月までに売りたい場合は10月から11月までに、9月までに売るには5月か6月から準備をはじめるのがポイントです。

 

所有期間が短いと高くなる?不動産売却のタイミングは税率にも影響するので注意!


 

不動産を売却した利益の「譲渡所得」に対しては、所得税(復興特別所得税を含む)や住民税がかかりますが、売却した不動産の所有期間によって、税率が変わることをご存じでしょうか?

 

不動産の所有期間が5年を超える「長期譲渡」であれば、所得税が15.315%、住民税は5%となります。

 

しかし所有期間が5年以下の「短期譲渡」では、所得税が30.63%、住民税は9%になってしまいます。

 

注意点として、不動産の購入後5年が過ぎても、その年に売ると「短期譲渡」になるので、年をまたいで翌年に売る必要があります。

 

所有期間は、売った年の11日時点でカウントされてしまうため、お気をつけください。

 

また、不動産の所有期間が10年以上で、条件を満たせば税率が軽くなる「軽減税率の特例(居住用財産)」では、譲渡所得が基準となって税率が変わります。

 

譲渡所得が6000万円以下の部分は、所得税が10.21%、住民税は4%。

 

譲渡所得が6000万円を超える部分は、所得税が15.315%、住民税は5%です。

 

※所得税には復興特別所得税2.1%を含みます

 

まとめ


 

税率を考えると所有期間は5年を過ぎたほうが得ですが、不動産の価値が減少することも加味すると、早く売るほうがよいケースもあります。

 

売却には、さまざまな要因が影響します。

 

ご不明な点は不動産売却の専門家にお尋ねください。

 

私たち株式会社Fine Blue中古戸建て物件の情報を多数取り扱っております。

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|お住み替えに成功したM様のおはなし   記事一覧   不動産を相続して売却するなら?売却したことでかかる税金について|次へ ≫

トップへ戻る